アジア・オセアニアIBBY地域大会とは?

2017年 第3回IBBYアジア・オセアニア地域大会は タイ・バンコクでスケール・アップ!

世界77か国が加盟し、2014年に日本の児童文学作家の上橋菜穂子さん が作家賞を受賞し話題になった、小さなノーベル賞と呼ばれる「国際アン デルセン賞」を主宰している団体がIBBY(国際児童図書評議会)です。その中のアジア・オセアニア支部が集い、アジア・オセアニアの子どもにア ピールする読書推進の取り組みとして、2013年から2年に1回、ホスト国 (アジア・オセアニア支部で持ち回り)で開催をはじめたものが、「IBBYアジア・オセアニア地域大会」です。 これまで欧米に比べ遅れていたアジアの「子どもの本の文化」も、インフラやネット環境が整備され徐々に向上。各国でユニークな作家や画家が育ち、独自の出版文化が形成されつつあります。「IBBYアジア・オセアニア 地域大会」は、その様子を深く知ることができる貴重な機会です。 すでに開催を終えた、2013年第1回インドネシア・バリ大会(参加19か国)、2015年第2回マレーシア・クアラルンプール大会(参加国19か国) には、現地の子どもや保護者、教育関係者が集い、各大会への参加者(登録者)が期間中延べ 2000人を超えるイベントとなりました。2017年はタイ・バンコク、2019 年は中国、2021年はカンボジアで開催されます。

マイティブックでは現地でのイベント開催や各種コーディネートのお手伝いをしています。英語・タイ語のブックリスト翻訳制作費のスポンサーも大募集中です。詳しくは下記ご案内企画書をご覧ください。